スポンサードリンク

20160530_154025.jpg

皆さんこんにちは

薬剤師のこうです。



今回は病院処方のロキソニンと市販のロキソニンについて書いてみたいと思います。


市販のロキソニンはロキソニンSとして販売されていますが、特に良く聞かれるのが「何が違うの?」と言う事です。

そこで今回はロキソニンの違いについて色々書いてみたいと思います。
スポンサードリンク

病院処方薬のロキソニンと市販のロキソニンSは何が違うの?

病院でもらうロキソニン60mgと市販のロキソニンSの違いなのですが・・・

成分のロキソプロフェンナトリウムと添加物などは全く同じです。

しかし、違いといえば効能効果の適応について違いがあります。 病院処方のロキソニンでは・・・ ①関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、※頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)、歯痛 ②手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎 ③急性上気道炎の解熱・鎮痛 ※頸肩腕症候群とはいわゆる肩こりのような症状です。 意外だと思いますが頭痛には適応がありません。(現状ではいっぱい出ていますが・・・) それと比較し、ロキソニンSでは・・・ 頭痛、生理痛(月経痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、神経痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛 悪寒・発熱時の解熱 という感じで痛みに特化した適応があります。 だからと言って、処方のロキソニンを服用したら、市販のロキソニンSのような鎮痛効果がないの?と聞かれれば、そんな事はなく、普通に上記の市販薬の効果は得れます。 他の違いと言えば・・・ 薬の値段は違います。 ①病院処方のロキソニン1錠あたり・・・15.9円(平成28年現在) ②市販のロキソニンS1錠あたり・・54円(メーカー小売希望価格) 後は・・・ 市販のロキソニンSの方が錠剤は小さいです。 胃への負担はそこまで変わりません。 この様な違いがあります。 やっぱり市販で買うほうが多少高いですが、利便性は高いので使用しやすいかと思います。 ただ、市販のロキソニンは第1類医薬品なので薬剤師がいないと購入出来ません。 それは知っておいて下さい。 次は市販のロキソニンの違いについて書いてみたいと思います。

ロキソニンSとロキソニンSプラスの違いは?

ロキソニンSとロキソニンSプラスの違いなのですが、ロキソニンSプラスには胃を保護するために酸化マグネシウムが混ぜてあります。

酸化マグネシウムを混ぜることで胃酸の刺激を抑える作用を期待して混合してあります。

その為胃潰瘍等を起こしにくくする効果が期待できます。

そして、酸化マグネシウムは下剤じゃないの?と思う方もいると思いますが・・・ それも正解です。 酸化マグネシウムには緩下(かんげ)作用があり、便を柔らかくする作用があります。 しかし、ロキソニンSプラスには酸化マグネシウムが含まれているのですが、1錠あたり33.3mgなので微量となっていますので、そこまで緩下作用が出るとも考えにくいです。 しかし、絶対に緩下作用出ないという訳ではないのですので、少し便が柔らかくなったり下痢したりして困るようでしたらまた相談してみてください。 あとの違いといえば値段が少し違います。 ロキソニンSは12錠で648円 ロキソニンSプラスは12錠で698円となっています(メーカー小売希望価格) 胃への負担が嫌なようでしたらプラスを試してみるのもいいと思います。


ロキソニンSとロキソニンSプレミアムの違いは?

ロキソニンSプラスはとロキソニンSプレミアムの違いは・・・

鎮静作用を持つアリルイソプロピルアセチル尿素を配合している点です。

後、無水カフェインとメタケイ酸アルミン酸マグネシウムを配合しています。

鎮静作用を有することでどうなるかといいますと、 痛みを抑えやすくする作用と落ち着けやすくする作用の両方から痛みに効きやすくなるという事が言えます。 その為、より痛みには効きやすいかなと考えられます。 ロキソニンSで効きが悪かったりした場合に試してみるのも良いかもしれません。 あとの違いは・・・ ロキソニンSプレミアムは1回2錠服用です。 これは無水カフェインを配合するとどうしても錠剤が大きくなってしまい飲みにくくなるために1回2錠という形を取っています。 あと鎮静作用がある分、眠気がでることがあります 価格も、 ロキソニンSは12錠で648円 ロキソニンSプレミアムは12錠で648円 同じに見えますが、ロキソニンSプレミアムは1回2錠服用なので単純に倍の価格になります。 ただ包装単位が24錠入りも販売されていますので、よく飲まれる方はそちらを選択してもいいと思います。

最後に

今回は病院のロキソニンと市販のロキソニンについて書いてみました。

解熱・鎮痛という面では両方同じかと思われます。

しかし、市販のロキソニンは第1類医薬品ですので、薬剤師がいない店舗では買うことが出来ません。

そこは不便でしょうが、副作用も色々あるので安全性を考慮してそうなっています。

もしなにか気になることがあればその購入された所で相談してみると良いと思います。

関連記事
ロキソニンの副作用や他の薬やアルコールとの飲み合わせについて


こちらから質問を受け付けています。

質問内容は記事として使用させて戴く場合がございます。(もちろん匿名です。)

予めご了承下さい。
スポンサードリンク