スポンサードリンク

miminari

耳鳴りは当たり前なのですが、出る人には出て、出ない人にはでません。

大体10%~15%の人が経験すると言われていて、いまいち理解が出来ない方が多いのも事実です。

耳鳴りが出る人にしかわからない苦痛も多く、不眠なども伴ってくる場合も多いので上手く付き合っていくことが大事になります。

そこで今回は耳鳴りについて色々な疑問を解説してみます。
スポンサードリンク

耳鳴りとは?

耳鳴りの定義というかどういう風な症状が耳鳴りかといいますと・・・


実際にはない、本人にしかない聞こえない音が聞こえている状態を指します。


その為、体感している人の訴えが全てになってきます。

そして、体感している人の訴えが全てなので、見てわかったりするものでもないのです。


音の表現だけでも、

キーン・・・という音やジージー・・・という擦れるような音などあったり、ちょっとずつ種類が違う音が聞こえたり、同時に聞こえたりもします。

本当に本人にしかわからない音になります。


そして、聞こえるのは片耳だけの場合もあれば両耳に聞こえたりもします。(多いのは片耳だけの方のほうが多いです。)

そして頭の方で音が鳴っている。頭鳴りを訴える人もいます。


どうして耳鳴りが起きるのか?というと・・・

原因が明らかになっていません。


推測される原因としましては、

難聴のために不十分になった音刺激を脳が代償しようして不要な音が創りだされているという中枢説が一般的と言われています。

この理由の1つとして補聴器などで調節すると耳鳴りが落ち着く場合があるので、そう言われたりしています。


しかし、聴力の低下を認めない耳鳴りもあるのも事実です。

聴力の低下がない為、難聴から来るものではない場合もあります。


こういった事から、コレ!という原因が突き詰められず、すべて説明できていないのが現状です。

耳鳴りの治療について

耳鳴りの治療なのですが、

残念なことに現在の医学では完全に耳鳴りを止めることは出来ません。


突発性難聴のように一時的な障害での耳鳴りだと症状が改善すれば耳鳴りも落ち着きますが、それ以外の場合は完全な回復の望みは薄いです。

多くの方は日中はそこまで大きな耳鳴りを感じることがなく、静かになった時に聞こえるような感じがする方が多いので、薬を使用して少しでも落ち着かせたりする場合もあります。


しかし、耳鳴りの治療についての基本的な考えとしては、

完治させる事が目的ではなく、耳鳴りがあったとしても苦痛や障害を感じないようにする。治療自体を必要としない状態にすることが目標という考えで治療にあたります。

そのことを踏まえて次は薬や音での治療について書いてみます。

耳鳴りの治療に使用する薬のことや他の治療法について

耳鳴りの治療には薬物療法と音響療法とに分けられます。


薬物療法は

末梢神経障害治療薬(メチコバール)

内耳の循環改善薬(カリクレイン、カルナクリン、サークレチン)

を用いることが多いです。



この状態で目眩なども伴って来る方も多いので、

メリスロン(メシル酸ベタヒスチン)やセファドール(塩酸ジフェニドール)など足して使用する場合もあります。


あとは

内耳や脳の血流量を増やすために

アデホスコーワ顆粒など用いる場合があります。


ここまでは基本的な耳鳴りや目眩の薬になります。



ここからは対症療法になるのですが、

耳鳴りで一番苦痛とされているのは「不眠」です。

耳鳴りで寝れなくなり、睡眠不足なりという悪循環が起こる方が多いです。


そういう場合には、

睡眠薬を投与します。

睡眠薬の記事はこちら

そして、日中なども耳鳴りが気になるようになってくると、神経の興奮を抑えるために抗不安薬(SSRIを中心に)を投与することで耳鳴りを軽減すると言われています。

※SSRIはデプロメール(フルボキサミン)、ルボックス(フルボキサミン)、パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、レクサプロ(エスシタロプラム)など


これらの薬物を用いて耳鳴りを軽減させるようにしていき、治療をしていくのが一般的になります。



音響療法とは、

音の刺激を与えることで意識を耳鳴りに集中させないようにするための治療になります。

BGMなどでもマシになる場合も多いので、ドクターの指示に従い牽引してもらってください。

最後に

耳鳴りは完全に消すことは出来ません。

しかし、苦痛を和らげることは可能です。


耳鳴りは悪い病気ではなく、今まで付き合ってきてくれた耳が少し弱ってきている為に起こっています。

その為、いままでありがとうの意味合いも込めていたわって生活するようにしてください。


上手く付き合って聞ければ、悪化するのも抑えられるはずですので、規則正しい生活をするように心がけてくださいね。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク