スポンサードリンク

215692

手足口病は夏の感染症の1つとして毎年結構流行します。

子供に多い病気なのですが、どんな症状や特徴などわからないことは多いと思います。

そこで今回は多かった質問の感染期間や何科を受診、予防するには?など色々な疑問について書いてみたいと思います。
スポンサードリンク

手足口病とは?特徴と症状について解説

手足口病とは、その名の通り手、足、口に水疱性丘疹が出ることが特徴です。

しかし、手足口だけでなく殿部や頬や鼠径部などにできることもあります。

口腔内では頬粘膜、舌、口蓋などに水疱性の湿疹でます。

しかし、これらは全部出るわけではありません。出ない場合もあります。


季節で言えば夏から秋にかけて流行するのですが、稀に冬に流行することもあります。


原因ウイルスはコクサッキーウイルスとエンテロウイルスです。


コクサッキーA16の流行であれば、1回の受診で終わることもありますが、流行がエンテロウイルス71であると無菌性髄膜炎や脳炎を併発することもあるので経過観察することも必要です。
※流行ウイルスはネットでも検索できます。


患者の90%前後が5歳未満の子供ですが、小学生や中学生、大人がかからない訳ではないです。


潜伏期間は4~6日間


初期症状としては、喉の痛み発熱(微熱程度が多いが稀に高熱が出ます。)

1~2日経過すると湿疹が出始めます。

そして症状が7~10日間くらい続きます。


このような特徴があります。

次は感染経路や予防法について書いてみたいと思います。

手足口病の治療薬について

手足口病は治療薬は存在しません。

その為、対症療法で抑える場合があります。

痛むなら解熱鎮痛剤(アンヒバかアルピニー、カロナールやコカールなど使用することが多いです。)

痒みなら抗ヒスタミン剤(イメージではアレロック顆粒が多い気がします。)

飲み薬ではこのような薬を用いる事が多いです。


そして、痒みがひどい時に気をつけて欲しいのですが、家に余っているからという理由で軟膏を塗るのはやめて下さい!!

手足口病の場合、ステロイド外用剤を使用すると悪化することがあります。(小児だとロコイド、アルメタ、キンダベート、リンデロンあたりだとお持ちの場合があると思います。)

痒みが出る時は医療機関だとオイラックスクリームなど処方して頂けると思いますので、それで対処するようにしてくださいね。

手足口病の感染経路や予防法は?

手足口病はウイルスなので体内に入れてしまうと発症します。

感染経路としては

・飛沫感染

・接触感染

・糞口感染

が主になります

飛沫感染(ひまつかんせん)とは・・・ウイルス保有者の唾液や鼻水などを咳やくしゃみで飛ばして粘膜に付着し感染すること。

接触感染とは・・・ウイルス保有者が触ったもの(ドアノブなど)を触り、食事や目をこすったりして感染すること。

糞口感染(ふんこうかんせん)とは・・・名前の通り、ウイルス保有者の排泄物に含まれるウイルスにより感染すること。大人の場合だと感染の子供のおむつ替えから発症するケースが多いです。


予防法なのですが、

インフルエンザのように予防接種がある訳でもないので、かかってしまったら治るまで我慢するしか無いです。

その為、体内にウイルスを入れないということが予防につながります。

手洗い・うがい・マスクなどを徹底して頂くことで予防になります。


以上が手足口病の感染経路や予防についてになります。

手足口病にかかってしまった時、何科を受診したらいい?

手足口病にかかってしまった時の受診したらいい病院になるのですが、


子供・・・小児科または皮膚科

大人・・・皮膚科(妊婦さんも皮膚科で大丈夫です。もちろん産婦人科でも大丈夫です。)


しかし、喉の痛みが強いので耳鼻咽喉科ではダメ?と聞かれたことがあるのですが、耳鼻咽喉科でも診てくれます。


手足口病にかかると保育園や幼稚園は休まないといけない?

手足口病は予防すべき感染症に含まれていませんので、休む義務はありません。 しかし、保育園や幼稚園により決め事があるかもしれませんので、それは聞いて頂いたほうがいいです。 基本的な話になるのですが、平熱で食欲もあって、元気があれば水疱があっても登園しても大丈夫です。

手足口病のウイルスはどれ位の期間保有してるの?

手足口病のウイルスは結構体内に長期間いると言われています。


唾液や鼻水には2週間

便には1ヶ月程度

含まれています。

その為、それくらいの期間感染させる可能性がありますので、特に赤ちゃんなどと接触する時は気をつけて下さい。

手足口病で口の痛みや喉の痛み、発熱で食事がとれない時どうしたらいい?

基本的に本人の好きなものを摂取して頂ければいいです。

この時は、プリンやアイスクリーム、ゼリーなど口当たりのいいものを好むと思いますので、あげて頂いて構いません。


そして、痛みを誘発するので温かい飲み物や塩辛い物は与えるのはあまり好ましくありません。

もし、痛みが強すぎて飲食を全くしない場合は速やかに受診してください。

最後に

今回は手足口病について質問が多いことについて書いてみました。

基本的なことは書けているかと思います。

もし解らないことがあれば、質問して頂ければ出来る範囲でお答えさせて頂きます。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク