スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


最近だいぶ寒くなってきましたね。

この時期になると、風邪が流行ってくるようになり、風邪薬を服用することも出てくると思います。

今回は風邪の時などに処方されやすい漢方(葛根湯、桔梗湯、麻黄湯など)とトランサミン(トラネキサム酸)との併用について書いてみたいと思います。

トランサミンと葛根湯や桔梗湯などの漢方との併用について

この時期になると増えてくる、風邪様症状に合わせて処方されるような漢方とトランサミン(トラネキサム酸)との併用なのですが・・・


併用していただいても問題ありません。


特に桔梗湯は咽頭が腫れて痛むような症状として、扁桃炎や扁桃周囲炎の症状で処方される場合が多いです。

これはトランサミンの効果である咽頭痛や扁桃炎などと効果が重なっていますので、併用しても大丈夫かな?と思われる方がいらっしゃいます。

しかし、同じ様な作用を示しても、作用の仕方が異なりますので併用されても問題はありません。


葛根湯も感冒(風邪のことです。)、鼻風邪、熱性症状の初期や炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)などに使用されるのですが、同じようにトランサミンと扁桃腺炎で適応が重なっています。

しかし、これも作用の仕方が異なりますので併用していただいても構いません。


トラネキサム酸や葛根湯、桔梗湯などはドラッグストアなどで販売されている市販薬でも購入することができます。

ただ、市販薬は他の成分が入っていることもあるので、一度確認されてから併用するようにしてください。



余談ですが・・・


漢方同士の併用は避けるようにしてください。

医療用の葛根湯や桔梗湯でも、葛根湯の中に色々な生薬が入っていて、桔梗湯にも同じことが言えます。

そのため、全く同じ成分が重複していることも考えられますので、安易に併用するのは止めてください。


ちなみに・・・

医療用の葛根湯と桔梗湯ではカンゾウという生薬が両方共にはいっています。

そのため併用は避けていただいたほうがいいかと思われます。


またまた脱線してしまいますが・・・

カンゾウ含有製剤を服用すると偽アルドステロン症という重大な副作用が起こることがあります。

偽アルドステロン症については以下の記事を参考にしてみてください。

偽アルドステロン症とは?原因や症状、年齢、対応など詳しく解説

最後に

今回はトランサミン(トラネキサム酸)と葛根湯や桔梗湯などの漢方との併用について書いてみました。

結論だけ書きますと・・・


トランサミンと葛根湯の併用は問題ない

トランサミンと桔梗湯の併用は問題ない

葛根湯と桔梗湯の併用は避けたほうがいいでしょう。


このような感じで知っておいていただければいいと思います。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク