スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。



今回は、ちょっと薬剤師とは関係ないかも知れませんが、昨今、海外の医薬品を輸入して使用する方が増えています。

日本では高くて買えないけど海外のであれば買えるという価格面、あとは普通に買いにくいものなどをネットで簡単に買える時代になっています。


しかし、簡単に買えるまではいいのですが、それ相応の健康被害や法律違反などの存在を知らない方も増えています。

そこで、簡単にですがまとめてみましたので参考にしてみてください。
スポンサードリンク

個人輸入した医薬品や健康食品での被害について

さきほども書きましたが、昨今インターネットの普及により、世界各地の医薬品や健康食品、化粧品など簡単に手に入れることができるようになりました。

しかし、簡単に手に入れることができるようになった分、個人輸入における健康被害も多発しています。


特に多いのがダイエットの薬性関係の薬が多いです。


厚生労働省では報告があった健康被害事例について、まとめてくれています。

一度購入される前には確認されたほうがいいと思います。


厚生労働省の健康被害情報・無承認無許可医薬品情報はこちらから

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/musyounin.html



医薬品や健康食品の個人輸入は自己責任に委ねられます。

言い換えれば、何か重大な副作用がでたとしても国としては保証しませんよという事になります。


実は、日本で承認されている医薬品で万が一副作用が出てしまった場合は、医薬品副作用被害救済制度という制度が存在します。

https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general04.html

個人輸入はこの範囲外になりますので、買う場合は慎重に買うほうがいいと思います。

医薬品や化粧品などの個人輸入について

まず、基本的な事として必ず知っておいてほしいのは・・・


自己で使用するときだけ厚生労働大臣の許可がいりません。


つまり、他人に譲渡・販売は禁止になっています。(許可があればできます。)


本当は海外の製品を日本国内に持ち込む場合は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具など厚生労働省の許可が必要です。

なので、ネットとかで海外の医薬品を販売されている方は本当はグレーな位置にいると思われます。(厚生労働省の許可はそこまで簡単に出ませんので)


個人輸入の方法としましては・・・

① 手荷物として海外から購入して持ち込む場合

② 旅行先で購入し、購入先から送って貰う場合

③ 日本から海外の販売店に注文し送って貰う場合


これらの方法があると思われます。

ただし、ここからが重要なのですが、どの方法を選択したとしても税関を通る必要があります。日本では「薬事法」が適応されますので知っておいてください。

個人で輸入する際の数量制限について

個人で輸入する場合、どれだけでも無制限に輸入できるわけではありません。


個人使用でできる範囲内程度で収められる量程度しか輸入することができません。

医薬品・医薬部外品

・基本的には2ヶ月分以内

・要指示薬は1ヶ月分以内

・外用剤(要指示薬は除く)は1品目24個以内


化粧品

・1品目24個以内


医療用具

・1セット(家庭用のみ)

・コンタクトなどは2ヶ月以内


など決まっています。


あと、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって、重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品は数量に関係なく、医師からの処方箋が確認できない限り完全に輸入は認められていません。

PDF:https://www.mhlw.go.jp/topics/0104/dl/tp0401-1a.pdf

輸入が禁止されている医薬品について

日本で特定の理由がなく所持していると処罰される薬物は基本的に輸入禁止と思ってもらったらいいと思います。


・麻薬及び向精神薬は医師の証明書付き以外で輸入はできません。(本人しか不可)

・覚醒剤及び覚醒剤原料(アンフェタミン、メタンフェタミンなど)

・大麻(カンナビス・サティバ・エルなど)

・指定医薬品(亜硝酸イソブチル(俗称「RUSH」)、5-MeO-MIPT、サルビノリンA等、薬事法第2条第14項の規定に基づいて指定された薬物)

・ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)に基づき、自由に輸入できない医薬品や医薬品原料(犀角(サイカク:サイの角)、麝香(ジャコウ:ジャコウジカの分泌物)、虎骨(ココツ:トラの骨)、熊胆(ユウタン:クマの胆のう)等)

※厚生労働省のホームページより抜粋


大体想像してダメそうなものはダメという認識でいいと思います。

最後に

今回は海外の医薬品や化粧品を個人輸入する場合に知らないといけない事は?ということについて色々書いてみました。


海外からの輸入に関しての健康被害は最悪、死に至らしめることもあります。

そして、法をおかす危険性も多いにあります。


これらのことを考えると、ただ値段が安いからとかで輸入するのでは割にあわないかなと個人的には思います。

今回の記事で少しでも慎重になって頂ける方がいると嬉しく思います。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク