スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回も糖尿病薬の種類と特徴の続きになるのですが、今回はα-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド薬、チアゾリジン薬について色々書いてみようと思います。

度々専門用語も出てきますが、なるべくわかりやすく書いていきますので参考にしてみてください。
スポンサードリンク

糖尿病薬であるα-グルコシダーゼ阻害薬の種類や特徴について

まず、α-グルコシダーゼ阻害薬の種類について書いてみたいと思います。

グルコバイ(アカルボース)、ベイスン(ボグリボース)、セイブル(ミグリトール)


以上の種類が現在発売されてるα-グルコシダーゼ阻害薬になります。


特徴としましては、

空腹時血糖はさほど高くなく、食後に高血糖になる方に適しています。


作用機序としましては、

食物などに含まれる多糖類はα-アミラーゼによって二糖類に分解され、そこから小腸粘膜に存在するα-グルコシダーゼによって単糖類に分解されて絨毛上皮より吸収されるのが一般的な流れになります。

そこで、α-グルコシダーゼ阻害薬を服用することで、競合的に阻害して食後高血糖を緩やかにして高インスリン血症も改善することができます。(イメージとしては腸管に膜を張ることで吸収を緩やかにしてくれるというイメージが解りやすいと思います。厳密に言えば違うのですが・・・理解は得やすいと思います。)


ここでα-グルコシダーゼ阻害薬のメリットになるのですが、緩やかでも血糖が入ってくるので単独使用だと低血糖は起こりません。体重も増加しません。


α-グルコシダーゼ阻害薬は先程も書いた通り、腸管に膜をはるイメージで考えて頂くと解りやすいのですが、先に腸管に膜を張っておかないと効果は薄いというイメージはし易いと思います。

よって食直前服用が必須になります。食後服用だと効果がありません。


アカルボース、ボグリボースは小腸で吸収されないが、ミグリトールのみは小腸上部で吸収されるため、小腸下部へは薬物が行きにくい特徴があります。

この特徴があると、グルコースの吸収が小腸下部に移行しやすく、GLP-1分泌を促進します。

GLP-1の分泌を促進することで、インクレチン関連薬(DPP4阻害薬)と併用することで相乗効果が得られます。

その効果を狙ってセイブルを使用されるドクターも多いです。


そして、ベイスンにのみ耐糖能異常における2型糖尿病の発症抑制に適応があります。(ジェネリックにはないので気をつけて下さい。)


他の糖尿病薬で目立った副作用は低血糖が多かったのですが、このα-グルコシダーゼ阻害薬は単剤だと低血糖は起こさないことは先程書きました。

その代わり、他の目立った副作用としては腹部膨満感放屁の増加(おならが増えます。)、下痢(セイブルにやや多いです。)、肝障害などがあります。


あと、高齢者や腹部に手術歴のある方だと、腸閉塞を起こす危険性があるので、なにか腹部症状がでたら中止することが必要になります。

腸閉塞も起こしてしまうとかなり怖いので早めの対処を心がけて下さい。

以上がα-グルコシダーゼ阻害薬の種類や特徴、作用機序になります。

次はビグアナイド薬について書いてみたいと思います。

糖尿病薬であるビグアナイド薬の種類や特徴について

まず、ビグアナイド薬の種類になるのですが、

グリコラン、メトグルコ(共にメトホルミン)、ジベトス(ブホルミン)


以上の種類がビグアナイド薬になります。


特徴としましては、

体重が増加しにくいので、過体重・肥満2型糖尿病では第一選択薬になります。

しかし、非肥満の方にも使用出来ますので使用しやすい薬剤と言えます。


作用機序としましては、

肝臓でミトコンドリアのAMPキナーゼを活性化して糖新生を抑制します。

また消化管からの糖吸収抑制や末梢組織でもインスリン感受性改善、脂質改善作用など膵臓に関与しない作用も色々あります。

そして、単独使用で低血糖も起こしにくいので、使用しやすい薬剤と言えます。


副作用としては胃腸障害が主で稀に乳酸アシドーシスを引き起こします。

その為、肝臓・腎臓・心臓機能障害クレアチニンクリアランスが高値な人大量に飲酒される方下垂体・副腎皮質機能不全の方高齢者には投与しない事になっています。


強い吐き気筋肉痛などの症状が出た場合は直ちに薬を中止し、ドクターに指示を仰ぐようにしてください。(乳酸アシドーシスの疑い)

そして、脱水が景気で乳酸アシドーシスが起こることがあるので、利尿剤やSGLT2薬を服用する場合には注意が必要になります。


以上がビグアナイド薬の種類や特徴、作用機序、副作用などになります。

次はチアゾリジン薬について書いてみたいと思います。

糖尿病薬であるチアゾリジン薬の種類や特徴について

チアゾリジン薬の種類としては、

アクトス(ピオグリタゾン)のみになります。


チアゾリジン薬の特徴としましては、

インスリン抵抗性の強い方には高い有効率を示します。肥満を伴う2型糖尿病の方に有効になります。


作用機序としましては、

末梢や肝臓におけるインスリン抵抗性を改善することで、末梢では糖の取り込みと利用を促進し、肝臓では糖の放出を抑制することで血糖を低下させます。


副作用としましては、

腎臓でのナトリウム再吸収による浮腫が多いです。(特に女性に多いです。)

心不全の方には禁忌で、体重も増加しやすいので、体重管理には気をつけないといけません。


アクトス単独使用での低血糖は殆ど起こしません。

以上がチアゾリジン薬の種類や特徴、作用機序や副作用になります。

最後に

今回は糖尿病薬のα-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド薬、チアゾリジン薬の種類や特徴について書いてみました。

前回は、スルホニル尿素薬、速効型インスリン分泌促進薬について書いてみています。よかったら読んでみて下さい。
皆様こんにちは薬剤師こうです。今回から3回に渡り、糖尿病の経口血糖降下薬について詳しく書いていこうかと思います。第1回はスルホニル尿素(SU)薬と速攻型インス...
出来るだけ気をつけてほしいことを中心にまとめたつもりです。


作用機序はあまりわからなくてもいいですが、知りたい人だけ知っておいて下さい。

こうして色々書いたのですが、糖尿病薬に限りませんが、薬ひとつとってみても作用が違うので、どの薬がどんな作用しているのか?というのは分かりにくいと思います。

しかし、今回書かせて頂いたのは、自分の服用している薬を少しでも理解して頂けたらと思い書いています。


ただ漠然と糖尿病の薬というだけでなく、糖尿病の薬でもどう違うのかを少しでも知って頂けると幸いです。

参考にしてみて下さい。
スポンサードリンク