スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回から何回かに分けてになると思いますが、糖尿病について色々書いてみようかと思います。

糖尿病は色々な薬もありますが、症状も様々ありますので一からでもわかるように書いてみたいと思いますので、参考にしてみてください。
スポンサードリンク

糖尿病とは?患者数や糖尿病予備群の人数はどれくらいなの?

まず糖尿病とは?という事になるのですが・・・

インスリンの作用が十分でない為ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が通常より高くなっている状態を言います。

※インスリンに関しては後日記事にしたいと思います。


糖尿病の名前の由来としては、名前の通り糖が尿に出ることから由来していますが、実際には尿に糖が入っていない場合の糖尿病もあります。


患者数としては・・・

300万人以上いると言われています。(糖尿病と確定している患者さんの数です。)


それとは別に・・・

糖尿病が強く疑われているヒト(糖尿病有病者)が950万人ほど

糖尿病の可能性が否定できないヒト(糖尿病予備群)が1100万人ほど


全体として約2500万人ほど疑いを含めると存在すると言われています。

2500万人なので日本人の5人に1人は糖尿病予備群以上ということになります。


5人に1人なので日本人の20%以上は糖尿病予備群以上ということになるので、国民病と言っても過言ではないくらい大勢いるということになります。

次は糖尿病になったときの症状や怖い合併症について書いてみたいと思います。

糖尿病になったときの症状について

血糖値が高くなった時(高血糖)に起こりやすくなる症状としては・・・


・のどが渇いて水をよく飲む疲労感尿がよく出る(口渇・多飲・多尿)

・体重減少 


などの症状が現れやすくなりますが、早期の段階ではこのような症状は殆どありません。


そして糖尿病で怖いのは合併症と言う事はどこかで聞いたことあるかも知れませんが、今回はその合併症についても次に書いてみようと思います。

糖尿病の合併症について

糖尿病の合併症としては大きく分けて太い血管と細い血管に起こる合併症に分けられます。

ここから、その太い血管と細い血管に起こることについて書いてみようと思います。


まず・・・

太い血管に起こるのは動脈硬化がおこりやすくなります。

糖尿病の進行に伴い、血管の内壁が狭くなったり、血管自体がもろくなったりします。

それは、糖尿病予備群の段階から進行することもわかっていますので、予備軍の段階でも心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる病気が起こりやすくなると言われています。


細い血管では糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症の合併症が起こりやすくなると言われています。

糖尿病の三大合併症と言われたりもします。


一つ一つ解説してみたいと思います。
糖尿病神経障害とは
糖尿病の3大合併症の中では最も早く症状が現れると言われています。

約5年ほどから症状が出始め、まず足先のしびれ足先の冷え感覚の状態が悪くなるという症状が一番始めに出てきます。


そして、さらに進行し自律神経に障害がでてくると・・・

立ちくらみ便秘下痢、膀胱機能障害、勃起障害(ED)などの原因にもなり、痛みや熱に対する感覚も鈍くなってきて、足に火傷や傷が出来ても気づきにくくなったりします。

最悪、足が壊疽する場合もあります。
糖尿病網膜症とは
糖尿病性網膜症はだいたい糖尿病になり5年以上経過すると発現し始めます。

かなり悪化するまで視力低下などの自覚症状がないので、定期的に眼科で検査して貰うことが重要になってきます。

因みに糖尿病性網膜症は成人の失明原因の第2位になっています。(第1位は緑内障なので緑内障についても後日記事に書いてみたいと思います。)
糖尿病腎症とは
糖尿病の症状としては最も遅く、平均で10年から15年で発現する場合が多いです。

初期としては全然自覚症状がないのですが、むくみや血液検査などで血清クレアチニンが上昇した段階だともう糖尿病腎症がかなり進行した状態になります。


腎臓の機能がどんどん低下していき、使えなくなってしまうと腎臓移植または人工透析が必要になります。

現在、糖尿病腎症が人工透析導入原因の第1位になっています。


腎症は尿蛋白によって発見され、尿蛋白が少ないうちは、尿中のアルブミンを測定することで早期の腎症を診断することが出来ます。


以上が糖尿病の症状や合併症の特徴になります。

参考にしてみて下さい

最後に

今回は糖尿病とは?患者数や糖尿病予備群、症状や合併症などについて書いてみました。

かなり要点を絞って書いたつもりです。


今回、特に合併症について怖いことも色々書きましたが、糖尿病になってしまったからと言って治療法がないわけではありません。

ただ、どうしてもそこには大きな壁があるのですが・・・


自分が糖尿病だという自己意識をしっかり持てるかどうかがポイントだと思っています。


正直、2型糖尿病だと自己の生活が原因で起こっている場合が圧倒的に多いです。

どれだけ自分を律して今後の行動を変えていけるかと言う事がポイントになります。


糖尿病になったからと言っても、進行を遅らすことは薬で十分に可能です。

その為にはしっかり受診して、自分に合うお薬を探して、治療していくという事の上に、食生活等の改善もしていかなければいけません。


治療に近道はないと思います。

今回のこの記事で少しでも怖さが伝わってくれて、改善してみようと思って頂ければ嬉しく思います。

参考にしてみて下さい。
スポンサードリンク