スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです


以前になるのですが、ヤーズ配合錠とヤーズフレックス配合錠の違いについて書かせて頂きました。

関連記事:ヤーズフレックスとヤーズの違いは?メリット・デメリットを解説

その時に、ヤーズフレックスはこんなにいいんだよ!という事を書かせて頂いたのですが、その後質問など頂いて、色々まとめきれていませんでしたので、新たに書いてみたいと思います。

特に不正出血に対してのお話は結構質問頂きましたので、今回詳しく書いてみようと思います。
スポンサードリンク

ヤーズフレックスと生理や不正出血について

ヤーズフレックスは御存知の通り、月経困難症の薬になります。

そして、ヤーズフレックスを飲み続けることで生理を来なくさせて、出血などをさせなくし、体調を整えるなどの効果を持っています。


簡単に仕組みを書かせて頂くと、ヤーズフレックスを服用することで内膜を剥がれにくくすることで出血を抑えています。

しかし、服用している間は内膜が溜まらない訳ではなく、個人差が激しいのですが微量ずつでも溜まっていく方が殆どです。


その為、ヤーズフレックスを服用することで内膜を維持できているはずなのですが、内膜を維持できにくくなることがあります。

その結果、出血量は通常の生理ほどではなく微量でも不正出血が続くことがあるという事になります。


実はあまり知られていませんが、ヤーズフレックスを120日間服用して、一回も不正出血がない方(内膜が安定されている方)は全体の2割程度しかありません。

多い層がだいたい6週間から7週間で不正出血の確認が多いみたいです。(メーカー談)


もし不正出血がおこればどうしたら良い?という事を次に書かせて頂きます。

ヤーズフレックスを服用して不正出血が起こった時どうしたらいい?休薬や飲み方についても解説します。

不正出血が起こってしまった時どうしたらいい?という事なのですが、服用日数に応じて対処が変わりますので、知っておいて下さい。


服用1日目~24日目までに不正出血が起こってしまった場合・・・

24日間はしっかり服用を続けて下さい。


服用25日目以降に不正出血が起こってしまった場合・・・

3日以上出血が続けば、4日間休薬し、また服用1日目から開始して頂く事になります。

この4日間休薬の間に生理が起こり、内膜がすべて剥がれて流れ出てしまうはずなので、リセットするという意味合いになります。


一応上記に書いてあることが基本になります。

しかし、以前に質問を頂いたことがある事なのですが・・・

3日以上出血が続かず、1日だけで出血は止まってしまったが体調が悪く、ヤーズフレックスの服用を止めたいと思った時に3日以上出血が来ていないから止めて良いのかわからないという質問を頂いたことがあります。


この場合、止めて頂いても構いません。

休薬期間は4日間休薬して頂き、また1日目から開始して頂くという感じでいいです。

この4日間休薬の間に生理として全部流れ出てしまうはずです。


もちろん3日以上出血が来なくて、1日や2日だけ出血してしまった場合に服用継続でも構いませんので、そこは体調と相談して頂くと良いと思います。

最後に

今回、ヤーズフレックス錠を服用していて頂いた質問をまとめてみました。

まだまだ出始めたばかりで情報も整っていないところもあるのですが、少しずつでも記事にしていければいいと思います。


最近、個別返信は忙しく出来ていませんが、質問を頂ければ少しずつでも書いていこうと思います。

急ぎで情報が欲しい方にはご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。

参考にしてみて下さい。
スポンサードリンク