スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回はメイアクトでタイトルは付けているのですがセフェム系抗生物質に関して一般的な事になります。

時間の関係上1日2回の服用の方が好まれる場合も多いのですが、セフェム系は基本1日3回服用になっています。

それらの理由とともに色々書いてみたいと思います。

因みに服用間隔に関しては以前に記事にしたことがありますので参考にしてみてください。
メイアクト小児用の服用間隔はどれくらいの時間を空けたらいい?

スポンサードリンク

メイアクトは1日3回服用だけど1日2回服用ではダメなの?

メイアクトの1日2回服用なのですが・・・


ダメではないですが、出来れば1日3回服用する方が望ましいです。


ここからは理由になるのですが、ちょっとややこしくなると思うので、興味のある方は読んでみてください。

まず、セフェム系抗生物質の前提となる事なのですが・・・


MIC(最小発育阻止濃度)以上の濃度を保つ時間で効果を出していきます。


その為、MIC以上の濃度の時間を出来るだけ長くすることが最大の効果を出すのに必要というのがセフェム系抗生物質の考え方になっています。

ですので、出来れば1日3回で出来るだけ等間隔で服用して頂くのが一番効果を発揮しやすいという事になります。


しかし、様々な生活スタイルによって1日3回服用するのが難しい事があるのも事実です。(特に多いのはお子さんが保育園や小学校で飲めない場合が多いです。)

そういう方には1日2回でも効果は無いわけではないので、1日2回服用でも良いと思います。


ただ、耐性菌の問題や難治性の中耳炎などの問題の場合は出来るだけ1日3回服用して頂くのが望ましいです。

耐性菌の問題などはドクターがしっかり考えてくれるはずですので、その場合だと抗生物質のタイプを変えてみたり色々考えて頂けるはずなので、そこはドクターを信じて服用してみてください。

最後に

今回はメイアクトは1日3回服用のところ1日2回ではダメなの?という事について書いてみました。

セフェム系抗生物質に関して言えば1日3回服用して頂く方がいいです。1日2回服用でもダメではないです。(バナンは例外ですが・・・)


しかし、抗生物質でも1日1回タイプもあれば1日2回タイプも存在はします。

症状に合わせて使い分けという形になりますが、まずはドクターに相談してみてください。

ライフスタイルも考慮して処方してくださるドクターも沢山いますので、一度相談してみてください。
スポンサードリンク