スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回は整腸剤として結構処方される事のあるラックビーについて色々書いてみようと思います。

特に赤ちゃんへの飲ませ方や混ぜていいものなどお子さんを持つ親御さんには知りたいことが書けると思いますので、参考にしてみてください。
スポンサードリンク

ラックビー微粒Nの赤ちゃんへの飲ませ方は?

ラックビー微粒Nなのですが、この飲ませ方はヒトによって違いますが、私はこの飲ませ方が一番飲ませやすいと思っていますので、今回は私のやり方を書かせて頂きます。

まず、ラックビー微粒Nを醤油皿くらいの大きさのお皿に開けて、スポイトで1cc~2ccくらい水を入れます。

ラックビー微粒Nは乳糖とトウモロコシデンプンが混ざっていますので、水に乳糖は溶けますが、デンプンは溶けませんので浮いてきます。


しかし、浮いてきたのも全部再度スポイトで吸い取り、少しずつお口に注いであげます。

コレを薬が見えなくなるくらいまで繰り返します。


この方法が一番飲ませやすいかなと思っています。

問題はスポイトなのですが、大概の薬局は持っているはずですので、頂けるようにお願いしてみてください。


あと、哺乳後や哺乳前だとどちらが良いかといいますと・・・

本当は哺乳後が理想です。

しかし、薬を飲むことで哺乳をしない可能性があるので、哺乳前に服用されると良いと思います。


哺乳後が理想な理由としましては、ラックビーは胃酸に弱いです。

その為、食後の方が胃酸も穏やかなので、本当は食後がいいです。

ただ、本当に飲まなくなる可能性があるので、食前に服用してください。


次はもう少し大きなお子さんで粉が苦手な子にどうして飲ませたら良いかを書いてみます。


ラックビー微粒Nに混ぜていいものは何?保存方法は?

ラックビーなのですが、基本的に何に混ぜても大丈夫です。 ただ注意点が何点かありますので、その注意点だけ守ってください。 ①温度はぬる目でお願いします。 55℃以上になるとラックビーのビフィズス菌は死滅します。 25℃で溶かして10分は安定しているという報告はあります。 ②作り置きはしない。 ラックビーの性質なのですが、ラックビーは粉の状態だと菌が眠っています。 その眠っている菌が吸湿することで目覚めます。 これによって効果が出るのですが、菌自体は酸素に触れると死滅します。 その為、何かに溶かしたら、その瞬間から菌が目覚め、酸素に触れるとどんどん菌が死滅して効果が減弱していきます。 なので、何かに溶かすのであれば、溶かした瞬間に服用するようにしてください。 30分や1時間すぎると大分菌も減るみたいです。 この2点は気をつけてください。 この2点さえ守って頂ければ・・・ アイスクリームに混ぜようが、ヨーグルトに混ぜようが、ジュースに混ぜようが何に混ぜてもらっても特に問題はありません。 ただ、もう1点保管状況について書かせて頂くと、薬局などで分包してもらった場合、あの紙などから吸湿が始まります。 乾燥剤などに入れて頂ければ理想ですが、難しいと思います。 ただ、吸湿してしまったら効果は減弱の一途を辿っていくだけなので、理想は薬局とかでの分包品は2週間以内に消費して頂き、それ以降は新しいラックビーを貰って頂く方が無難です。

最後に

今回はラックビーについて色々書いてみました。

まだまだ書くことは色々ありますが、あまり一気に書くと読みにくくなるので、少しずつ書いていこうと思います。

今回の記事で本当に知っておいてほしいのは・・・


・高温の水分で溶かさない作りおきはしない高温多湿は避ける


簡単にかけばこの3点だと思います。

この3点を知りつつ、お子さんへの服用を色々試してみてください。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク