スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回はデュファストン錠について色々書いてみようと思うのですが、デュファストン錠もそうなのですが、黄体ホルモンの錠剤はホルモンの問題になるので、正直個人差も激しいです。

ただ、今回の記事はあくまで一般論になりますので、知っておきたい方は参考にしてみて下さい。
スポンサードリンク

デュファストンと月経との関係性について

まず、月経との関係性もそうなのですが、デュファストン錠の特徴について簡単に書いてみます。

デュファストン錠は天然のプロゲステロン(黄体ホルモン)に近い成分で出来ている錠剤です。

特徴としては・・・

他の黄体ホルモン剤とくらべても、男性化作用排卵の抑制などあまりないと言われています。


その為、結論からになるのですが・・・


服用後は普通に月経は起こるはず


なのですが、これは本当に個人差が大きくて、服用したから月経が予定日にピッタリくるとか、月経が遅れるとか、生理痛が軽くなるとかそういった事は個人個人でマチマチです。

あと、基本的にはデュファストン服用後に月経がくるはずなのですが、デュファストン服用中に月経が来てしまう場合もあります。

ただ、無月経や月経周期異常で処方される薬なので、何かしら反応はあると言えます。

その為、生理が少なかったり、出血が少なかったりという事も起こりえますが、本当に個人差が大きくて判断しづらいです。


ドクターとしては、月経に関することで処方されている場合も多いので、その起こったことをありのままにドクターに伝えて頂くことが重要になります。

その判断で薬を変更したり量を調節したりなど色々判断材料になりますので、ドクターの言う事を信じて服用を継続して下さい。

スポンサードリンク
ママナチュレ

デュファストンと基礎体温との関係性は?

デュファストンの特徴としての1つに挙げられるのですが、基礎体温の上昇はあまりないと言われています。


ですが・・・

本当にこれも個人差があり、服用しているから基礎体温に影響があるわけではないのですが、基礎体温が下がったり、基礎体温が上がったりする方もいます。


ただ、無月経の方だと基礎体温がガタガタになってしまうこともあります。(高温期がないとか・・・)

そういう方だと、デュファストンだけでは難しいのでエストロゲンなども使用する場合があります。


基本的には黄体ホルモンが補充されるので高温期が多少長くなるはずですが、全くこのような反応もない場合もあることを知っておいて下さい。

最後に

今回はデュファストンについて色々書いてみました。

正直、薬の特徴くらいしか書けないので、知っておいて欲しいことを簡単に書いてみました。

ただ、文章の途中でも書きましたが、デュファストンは服用していても個人差が大きいです。

その為、ネットで出ているような症状でもなく、自分の想定していない症状が起こりうる場合もありえます。

その為、コレだけは必ず守って欲しいのですが・・・


婦人科ドクターにはありのままを伝えてください。真剣に聞いて頂けないのであればセカンドオピニオンも検討してください。)


服用を始めて、こういう症状が・・・とか、身体がだるい気がする・・・とかどんな些細な事でも書き留めておいて、受診された時にでも聞いて下さい。

それに対して、ドクターが薬を変更したり、継続するにしても量を変えてみたりなど色々判断して頂けると思いますので、疑問に思うことは聞いてみて下さい。

参考にしてみてください。
スポンサードリンク