スポンサードリンク

皆様こんにちは

薬剤師こうです。


今回はアデノウイルスについて書いてみようと思うのですが、アデノウイルスって色々症状があったりします。

高熱や咽頭痛、咳など色々症状がありますが、今回は咳に特化して書いてみようと思います。

理由としましては、咳が長引いたり止まらなかったりするという事を色々言われることが多いので今回記事にしてみました。

咳以外の症状についてはまた後日別に書いてみようと思います。
スポンサードリンク

アデノウイスルに感染すると咳が止まらなかったり長引いたりする理由は?

アデノウイルスに感染すると咳が長引いたりすることもあるのですが、その理由は1つではありません。


理由は様々で、

プール熱だったり、肺炎を起こしてしまっていたり、扁桃腺炎だったり、気管支炎だったり、上気道炎だったり・・・


アデノウイルスが直接関与しているという訳ではなく(関与している場合もありますが)、アデノウイルスにかかってしまい、その結果炎症を起こして咳が出て来る。

そのような感じで咳が長引くことが多いです。


それと、アデノウイルスには治療薬がありません。

アデノウイルス自体を抑える薬はないのですが、咳を中枢から抑えるとか咳自体に効く薬はあるので、処方される場合もあります。


ただ、根本の治療ではなく対症療法になってしまうので、咳止め服用している間は出てなくても、薬が切れる頃にまた咳が出てきたりします。



アデノウイルス自体の症状は1週間から長くても2週間くらいと言われています。

これ以上長引く咳だとアデノウイルスだけの原因ではない場合がありますので、呼吸器内科など受診して頂くことをオススメします。

アデノウイルスから、偶発的に出来てしまった肺炎や気管支炎などの症状が出ていると、炎症が改善しないと中々落ち着かないので、炎症を抑える薬などで様子を見ていく場合があります。


それと、咳は咳をし続けるとどうしても刺激が出て炎症を起こしやすくしてしまいます。

その為、咳をし続ける=炎症を起こしやすくなる=咳がまた出る=炎症を起こしやすくなる・・・

というループが起こってしまうと、中々咳が改善しません。

もしこのようになってしまうと、咳を抑えるのに時間がかかってしまうので、炎症を抑える薬や吸入剤、飲み薬などで咳自体を抑え、炎症を鎮めることで咳を改善しやすくしていく方法を取る場合もあります。


このようにして咳が止まらなかったり、長引いたりしてしまうのです。


もしこの様な咳が酷くどうにもならないとなってしまった時は・・・

何度も書きますが呼吸器内科など受診してください。

特に、吸入剤など使用すると楽になる場合も多く、ドクターに牽引して頂くと良いと思います。

最後に

今回はアデノウイルスにかかり咳が止まらなかったり、長引いたりする理由について書いてみました。


しかし、咳というのはいろんな要因が絡まって出る場合も多いです。

特に、マイコプラズマとかで肺炎などになってしまうとかなりひどい咳が出ます。

しっかり検査して何が原因で咳が出ているのかを突き止めて行かないと長引いてしまうことも多々あります。


自力で治らないか?と言われれば時間をかければ良くなる場合もあります。

ただ咳をし続けると体力的にもしんどいと思いますので、やっぱりひどい場合は呼吸器内科を受診されると良いと思います。

参考にしてみてください。


お問い合わせはこちらから受付させて頂いております。

すべてに返信は保証できませんが、なるべく返信させて頂きます。(意外にお問い合わせ多いんです・・・)

尚、頂いた質問内容は記事として使用させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。(もちろん匿名にさせて頂きます。)
スポンサードリンク